効果的な任意売却や注文住宅を知って豊かな生活を過ごす

増加した一戸建て

新築一戸建てのこれまでの歴史

新築一戸建てにはどのような歴史があるでしょうか。戦後間もない頃、都市部では、焼け野原が広がり、家と言ってもトタン屋根を使ったバラック住宅ばかりでした。それから十年もするうちにそれらの人たちを収容するべく集合住宅が増えていきます。ただ、その段階では資材少なく人材も不足しており、新築一戸建てはまだそれほどは多くなかったのです。 それからさらに10年が経過するとこの国でも大きな経済成長が見られ、それと同時に人々の収入が安定してきて、一戸建て住宅も増えてきました。とは言えローンの制度はあまりなく、その段階で、一括で買えるぐらいの程度お金を持っている人でないと新築一戸建てを購入してそこに住むのはまだ難しかったのです。

一戸建ての今後の動向について

新築一戸建て住宅が全国に広まり出すのはローンの制度がしっかり整備されてからです。 このように新築一戸建てはローンの歴史とも言えるかもしれません。では、今後の新築一戸建ては今よりも増えるでしょうか。 新築一戸建てを買うにあたり、今までにないほどローンの金利が安くなっています。これにより早い段階でローンを組むことで負担が少なくなります。それだけではなく、消費税が10パーセントにアップする前に一戸建てを購入しておこうと一戸建てを扱っているハウスメーカーや工務店に人が殺到するかも知れません。消費税が3パーセント違うだけで3000万円する家は100万円近くの差額が出てくるのですから、消費税前は確実に一戸建ての受注が増えると予想されます。